高校生が月5万円を稼げるようになるには、どれくらい働けばいいのでしょうか。

周りの高校生と同じくらいの労働時間では達成できない、バイト代5万円という収入。

 

今回はそんなバイト代で月5万円を、コンスタントに稼ぐ方法について考えていきます。

  • 月5万円を稼ぐために必要な労働時間
  • 高校生が月5万を狙うときのバイト選び
  • あと少しバイト代が欲しい時の稼ぎ方

この3つを知れば、どんなバイトを選べばいいかがわかります。

まずは月収5万円を得るために、どれくらい働けばいいかを計算していきましょう。

スポンサーリンク

高校生がアルバイトで月4万~月5万って稼げるの?

アルバイトで月収5万円を稼ぐために、週に何日・何時間ほど働けばいいのか。

逆算して1週間のシフトを作ってみました。

バイト代で月5万を稼ぐためにどれくらい働けばいいか

アルバイト時間を逆算する

時給を900円として計算していきます。

まず月収5万円を稼ぐためには、1ヶ月で約56時間働く必要があります。

(50000円÷900円=55.5時間)

 

1ヶ月は4.5週なので、1週間で約13時間ほど働かなければいけません。

(55.5時間÷4.5週=12.3時間)

 

つまり週3日の出勤だと1日4時間、週4日の出勤だと1日3時間のシフトを組む。

これが高校生がバイト代で月5万円を狙うためのシフトになります。

実際に高校生はどれくらい働いているか

高校生のアルバイト事情

実際は高校生は、どれくらい働いているのでしょうか?

タウンワークの調査によると、アルバイト代として最多だったのが3万円台とのこと。

つまり同級生と同じくらいのペースで働ていても、月5万円は達成できないということになります。

 

部活をしていれば、平日にバイトは難しいでしょう。

土日もどちらかにプライベートの予定を入れると、バイト時間は減ってしまいます。

高校生で月5万を狙うために

  • 時給900円とすると1日4時間のバイトを週3日行う
  • 高校生として平均的な働き方をしていると月3万しか稼げない

スポンサーリンク

高校生がバイトで月5万稼ぐための戦略

次は月5万円を狙うために、どのようにバイトをすればいいかを見ていきます。

まずはメインとなる職場の見つけ方から。

① 高校生可の求人で候補を絞る

高校生のアルバイト探し

時給が高い求人に応募しても、高校生の場合は採用されるとは限りません。

残念ながら未成年ということもあり、高校生を採用するお店は限られています。

 

そこで活用したいのが求人サイト。

求人サイトで高校生可の求人に限定して、候補を見つけていきましょう。

時給順に並び替えると、高校生が応募できる高時給の求人も見つけやすいです。

高校生可の求人の例

  • カフェ
  • 書店
  • ファミレス
  • ファストフード店
  • カラオケ

少しでも仕事内容に興味があれば、候補として残しておきます。

1つ目に応募した職場で採用される保証もないので、候補は多めにストックしておきましょう。

参考⇒飲食店のバイトにおすすめ!職場の選び方

参考⇒接客や飲食以外のバイトがいいときの職場選び

 

② 他の高校生より働くための職場選び

高校生が指を指す

月5万円を狙うということは、同級生よりもバイト時間を増やす必要があります。

そこで職場を選ぶときに大事になるのが、通勤時間の短さ。

家や学校から近ければ近いほど、通勤時間が短くなるので働きやすくなります。

 

先ほどのバイト候補から、家や学校から近い職場に絞っていきましょう。

長期バイトなら通勤時間が短い方が、後から不満も持ちにくいですよ。

③ 時給や労働時間より働きやすさを重視しよう

お金と福利厚生を比べる

高校生の場合は、高校生活に支障がない範囲でアルバイトを行います。

なので時給やシフト量だけでバイトを選ぶのは危険。

バイトで覚えることが多ければ、学校での勉強との両立が難しくなります。

 

それにシフトを減らせない職場だと、テスト前なども勉強時間を確保できません。

なので高校生でアルバイトを選ぶときは、稼ぎやすさより働きやすさを優先します。

高校生のバイト選び

  • 求人サイトで高校生可の求人を探す
  • 家や学校から近い職場に絞る
  • 迷ったら働きやすさで決める

スポンサーリンク

高校生がバイト代で月5万円を達成するための働き方

働きやすさでバイトを選ぶと、月5万円が達成できないかもしれません。

そこで次に検討したいのが、不足分を補うために稼ぐという方法。

高校生活に支障が出ないように働けば、バイトの掛け持ちも可能です。

① 不足分が1万円未満ならスマホで稼ぐ

スマホのアプリでお小遣い稼ぎ

あと少しで月収5万円を達成できるなら、外で働く必要はありません。

できるだけ高校生活に支障がない範囲で稼げた方が良いからです。

 

あと少しだけ稼ぎたいときは、スマホのアプリを使いましょう。

スマホのアプリなら、高校生からでもポイ活ができます。

 

アンケートモニターやポイントサイトなどを使えば、月5000円ほどは稼げますよ。

アンケートモニターに関しては、複数アプリを使うのがおすすめ。

ポイントサイトに関しては1つに登録すれば十分です。

② 不足分が1万円以上なら単発バイトで稼ぐ

スケジュール帳にシフトを書き込む

月収5万円を達成するために1万円以上不足しているなら、外で働いた方が効率が良いです。

ただアルバイトを掛け持ちするとなると、勉強などとの両立が難しくなるので注意。

 

そこで検討したいのが、1日だけ働く単発バイト。

単発バイトなら高校生でも応募できる求人があります。

 

仕事も簡単だし、日給7000円~1万円ほど稼げるのでおすすめ。

土日でバイトやプライベートの予定がない日に単発バイトをしましょう。

長期バイトと単発バイトの併用で、月5万円を狙うという方法になります。

月収5万を達成するための働き方

  • 少額ならスマホのポイ活で稼ぐ
  • 単発バイトなら掛け持ちしやすい

スポンサーリンク

高校生でもバイトで月5万は稼げる!働き方を工夫しよう

高校生は普通に働くと、月3万円くらいに落ち着きます。

ただ働き方を工夫すれば、月収5万円を狙うチャンスは残っているんですね。

 

まず長期バイトに関しては、稼ぎやすさより働きやすさを重視しましょう。

高校生活に支障がでない範囲で働くために、家や学校から近い職場が理想です。

 

そして月5万円に到達するための不足分は、他の方法で稼いでいきます。

スマホのアプリや単発バイトなら、学校との両立もしやすいですよ。

 

稼ぎやすさだけでバイトを選ぶと、勉強時間の確保が難しくなるリスクもあります。

高校生に不向きなバイトもあるので、そういった求人は避けた方が良いですね。

参考⇒高校生のバイトには、おすすめしない求人って?