バイトを辞めるか悩む

バイトを辞める理由は、精神的なものでも構いません。

学校を卒業したり、就活や引っ越しといった理由でなくても辞めることはできます。

  • 仕事に飽きた
  • 体力的に疲れた
  • 人間関係が辛い

こういった精神的な理由で辞めるのも問題はないんですね。

ただ店長への伝え方など、事前に注意したいこともあります。

今回は精神的な理由でバイトを辞めるときの手順を見ていきます。

どうしてもバイトを辞めたいとき
  • 今日すぐにでもバイトを辞めたい
  • 店長に伝えたり出勤するのは嫌な
こんなときは退職代行サービスを検討しましょう。
あなたの代わりに職場に連絡してくれるし、二度と出勤する必要もありません。

費用はかかりますが、本気で悩んでいるならサービス内容だけでも確認してはいかがでしょうか↓↓
公式⇒バイトを確実に辞めたいとき!退職代行のサービス内容を確認する

バイトを辞める理由で精神的ってあり?精神的な理由で辞めたいとき

精神的な理由でバイトを辞めること自体、世間的にはどう思われるのでしょうか。

他の人がアルバイトを辞める理由を参考に判断していきます。

① バイトを辞める理由のランキングは精神的なものが多い

株式会社のビズヒッツは、アルバイト経験者500人にバイトを辞めた理由をアンケートしました。

その結果は以下の通りです。

バイトを辞めた理由アンケート

引用元 https://bizhits.co.jp/media/archives/10308

この結果を見ると”1位 人間関係”や”4位 仕事が合わない”など、精神的な理由で辞める人が多いことがわかります。

就職や健康上の理由など、やむを得ない理由で辞めるケースより多いんですね。

② バイトは”飽きた・合わない・しんどい・疲れた”で辞めていいけど

怒られる
  • 仕事に飽きた
  • 人間関係が合わない
  • バイト先が遠いのがしんどい
  • 体力的に疲れた

このように精神的な理由でバイトを辞めることは問題ありません。

ただ”辞めて良いから”といって、すぐに辞めるのはデメリットもあるんですね。

辞めグゼがついたり、店長に説得されるなどのリスクもあります。

そこで『バイトを本当に辞めるべきか』『辞めるときのNG行動』『上手な辞め方』について見ていきます。

精神的な理由でバイトを辞めてもいい?
  • 多くのバイト経験者が精神的な理由で辞めてる
  • ただすぐに辞めると辞め癖がつくなどリスクもある
  • 辞めるときもスムーズに辞められる工夫が必要

精神的な理由でバイトを辞めたい!本気で辞めるかの判断基準

時間が経ったら今のバイト先の不満も無くなるかも

このように精神的な理由でバイトを辞めたいとき、本当に辞めるのか悩みますよね?

就職や引っ越しだと、バイトを半強制的に辞めなければいけない。

でも精神的な理由だと、『辞めるか辞めないか』を自分で決める必要があります。

そこでまずはバイトを辞めるか辞めないかをハッキリさせましょう。

① バイトを辞めない方が良いケース

高校生の目標

バイトを辞めない方が良い場合もあります。

例えば時間が解決してくれるような悩みの場合ですね。

時間で解決しやすい悩み
  • 仕事が覚えられない
  • 新人で職場に馴染めない
  • 新しい職場で精神的に疲れる

こういった新人の時期に抱える悩みで辞めるのはもったいないです。

なぜなら次第に仕事には慣れるし、職場の人とも馴染めるようになるから。

この時期に辞めると、辞めグセが付いてしまう可能性もあります。

精神的な理由の中でも、時間で解決する悩みで辞めるのは考え直しましょう。

参考⋙バイトで嫌われる新人の10つの特徴とは?心掛けたいこと

② バイトを辞めた方がいいケース

居酒屋バイトは大変

一方で精神的な理由の中でも、本当にバイトを辞めた方が良いものもあります。

あなた自身の努力でどうしようもないケースですね。

自分の努力で解決しない悩み
  • 職場でいじめに遭う
  • クレーマーの対応が辛い
  • 希望していたシフトで働けない

自分の努力や時間で解決できない悩みを抱えながら働くのはキツイです。

なので自力で解決できない悩みなら、本当にバイトを辞めることを検討しましょう。

合わないバイトで働いていても辛いだけですし。

参考⋙バイトが精神的につらい!乗り切るコツと辞めどき

バイトを辞めるかの判断
  • 時間で解決できる悩みは続けた方が良い
  • 自分の努力で解決できない悩みなら辞めた方が良い

スポンサーリンク

バイトを精神的な理由で辞めるときのNG行動

バイトを本当に辞めると決めたとき、気を付けたいのはNG行動です。

辛いからとバックレたり、嘘の理由で辞めると、後で面倒なことになるかもしれませんよ。

① バイトが精神的に辛いからといってバックレはダメ

アルバイトで悩む高校生

精神的に辛いと出勤するのも嫌になってきますよね。

そんなときにやりがちなのが、無断欠勤やバックレ(無断退職)になります。

確かにアルバイトなら正社員と違ってバックレても、お店側が認めてくれることもあります。

ただ無断欠勤や無断退職自体が問題行為であることには変わりありません。

最悪の場合は訴訟リスクも出てくるので、バックレは絶対にやめた方が良いですよ。

② “精神的な理由で辞めたい”と正直に伝えるとお店側はショック

バイト先で泣く

辞めるときに気を付けたいのが、店長への伝え方になります。

例えば正直に『精神的な理由で辞めたい』と言うと、言われた相手はどう思うでしょうか?

  • 職場の人間関係が合わないから辞めたいです
  • 仕事が単調で飽きたので辞めたいです
  • 常連さんへの接客が嫌になったので辞めたいです

このように精神的な理由は正直に伝えると、相手を傷つけることになるんですね。

なので必要なのは『雇い主が傷つかない理由作り』になります。

嘘も方便なので、『それなら仕方ないね』と相手が納得してくれる理由で交渉しましょう。

③ あとでバレる嘘を伝えるとヤバい

バイト休みに遊ぶ

嘘も方便と言いましたが、バレにくい嘘を用意した方が良いです。

例えば『引っ越すから』という理由で辞めて、その後に職場の付近で遊んでいるのを見られたら一発でバレますよね。

なので店長にバイトを辞めると伝えるときは、バレにくい嘘を選びましょう。

具体的な嘘については後でお話ししますね。

参考⋙バイトを辞める理由で嘘はOK?”家庭の事情”などバレたときどうなる?

バイトを辞めるときのNG行動
  • バックレなど無断退職
  • 相手を傷つけるような理由を伝える
  • バレる嘘は相手に知られたら気まずい

スポンサーリンク

バイトを精神的な理由で辞めるときの手順

バイトを辞めるとき、どのような点に気を付ければいいのか。

次の3つを心掛けると、スムーズにバイトを辞めることができますよ。

① 辞めやすい理由を探す!家庭の事情や一身上の都合もあり

仕事を覚える

まずは辞めやすい理由を用意しましょう。

雇い主が納得できて、嘘だとしたらバレにくい理由が良いです。

バイトを辞める理由の例
  • 学業に専念したいから
  • 今後シフトが合わなくなる
  • 家庭の事情でしばらく働けない

学生なら”学業に専念したいから”という理由がテッパンです。

それ以外でもお店側が求めるシフトに応えられないという理由でもいいでしょう。

『それなら仕方ないね』と、相手が言いやすい理由を選ぶのがポイントです。

② バイトを辞めるときは理由よりタイミング!早めに伝えるのが円満のコツ

バイトの引継ぎ

そしてバイトを辞めると決めたあとは、伝えるタイミングも大事。

伝えるタイミングは早ければ早い方が良いですね。

直前になって辞めたいと言えば、シフトの調整など職場の人にも負担がかかります。

でも『来月の末で辞めたい』と言えば、店長も新人を募集して育成する余裕が出ますよね。

なのでバイトを辞めると決めたときは、できるだけ早く店長に伝えましょう。

これまでの感謝の気持ちを込めて何かプレゼントを選ぶのもおすすめ。

参考⇒バイト先へのお土産の選び方!メモなどの例文付き

③ 苦手な人や混雑を避けながらシフトを組む

仕事が恥ずかしい

辞めることがきまったら、あとはバイト最終日まで仕事を続けるだけ。

『来月になったら辞められる』となったら、頑張ってバイトを続けやすいです。

ただそれでも出勤が辛いときはシフトを調整するのがおすすめ。

例えば忙しい曜日を避けたり、苦手な人がいる時間帯を避けるなど。

できるだけ精神的に負担がかからないように、バイト最終日を迎えましょう。

参考⋙バイトを辞めるけどシフトが残ってる!気まずい気分の軽減方法

バイトを辞めるとき
  • 相手が納得してくれる理由を用意する
  • できるだけ早めに伝える
  • シフト調整してバイトの負担を減らす

スポンサーリンク

バイトを精神的な理由でできるだけ早く辞めたいとき!即日などは可能?

できるだけ早くバイトを辞めたいときはどうすればいいのか?

即日にバイトを辞める方法や障壁を見ていきます。

① バイトを今日限りで急に辞めることも可能!

バイト早く辞めたい

アルバイトは正社員と違って即日で辞めることもできます。

今日限りでバイトを辞める条件は『お互いの了解を得た場合』

つまりアルバイト側と雇い主側の両方から”OK”が出れば、バイトを今日辞めることもできます。

ここで障壁となるのが相手を説得させられるかですよね。

  • 辞めるのは良いけど今日からは困る
  • シフト調整もできないから今月は働いて欲しい

このように店長が言うのは当然のことだと思います。

ここで強い意志を持ちながら強行突破できるかが、即日でバイトを辞められるかの分かれ目。

バイト仲間からも反感は買うでしょうし、円満退社はできないことは覚悟した方が良いですね。

② バイトを代行代行サービスを使えば即日に辞めることも可能

バイト先で怒られて泣く
  • どうしてもバイトを今日限りで辞めたい
  • でも店長を説得する自信もない
  • 辞められるような理由を作ることもできない

こんな場合でも即日にバイトを辞める方法はあります。

それが退職代行サービスを使うという方法。

退職交渉のプロにお願いすれば、即日にバイトを辞めることが可能。

最近アルバイトでも利用する人が増えてきて注目されています。

注意したいのは安すぎる代行サービスに依頼しないこと。

安い業者は法律の素人が交渉していることが多く、後で問題が起きるリスクもあります。

なので弁護士さんや労働組合など、法律の専門家にお願いした方が安心ですよ。

参考⇒アルバイトにも対応!退職代行サービスはこちら

バイトを今日辞められる?
  • お互いの了承があれば辞められる
  • 本気で辞めたいなら代行サービスも検討

スポンサーリンク

バイトを辞める理由は精神的でも良い!ただ相手に伝えるときは別の理由を用意しよう

バイトを辞める理由は精神的なものでも構いません。

実際にネットで行われたアンケート調査でも精神的な理由で辞める人も多い。

ただ実際にバイトを辞めるときは、店長など伝え方に注意が必要です。

そのまま正直に相手に伝えると、お店側の人を傷つける可能性もありますよね。

なので相手が納得して円満に退職できるような辞める理由を用意した方が無難です。

アルバイトはどんな仕事でも向き不向きがあるもの。

辛いと感じながら我慢して働くのは辞めた方が良いですよ。

参考⋙飲食店のバイトはやめとけ!○○な人はやめたほうがいい説