人見知り高校生でも、接客以外のバイトなら続けやすいです。

『バイト=接客』というイメージがありますが、世の中の仕事は接客だけではありません。

 

そこで今回は飲食以外・接客以外のバイトで、高校生が応募できるものを紹介します。

  • 接客の何が嫌かをハッキリさせる
  • 飲食以外の高校生向けバイト3選
  • 接客もないし人と関わらない働き方3選
  • コミュ障を治したい高校生向けのバイト3選
  • 人見知り高校生に不向きなバイト3選

これらのポイントを抑えて、自分らしく無理しない範囲で働ける職場を見つけませんか?

定番だからという理由で、無理をして接客バイトをしても辛いだけですよ。

スポンサーリンク

人見知り高校生へ!接客バイトの何が苦手?

実は『接客が苦手』とか『人見知りです』といっても、人によって嫌なシチュエーションは違います。

そこでまずはあなたがアルバイトをする上で何か嫌かを確かめましょう。

接客が苦手という人の3パターン

接客が嫌だと言う高校生には、次の3パターンが多いです。

まず1つ目は飲食バイトのように、お客と接するのが嫌だというケース。

横柄な態度のお客さんを相手にすることに、ストレスを感じるタイプですね。

 

2つ目は職場の人間関係にも抵抗があるケース。

接客だけじゃなく、先輩後輩や上司との交流にもストレスを感じるタイプです。

 

3つ目はそんな自分の苦手意識を克服したいケース。

本当は接客をしたいからこそ、コミュ力を鍛えたいと思っているタイプです。

それぞれのパターンによって、おすすめのアルバイトは変わってきます。

接客への考え方からアルバイト探しをする

  1. 接客だけ嫌だ
  2. 職場の人間関係も嫌だ
  3. 本音では接客をしたい

この3つのパターンのどれに当てはまるかで、アルバイト探しは変わります。

①の場合は高校生可の求人から、接客以外のバイトを選ぶだけ。

 

②に場合は在宅ワークも視野にいれながら、一人でできる仕事を探していきます。

③の場合は、少しずつ接客に慣れていけるような仕事内容がおすすめ。

 

接客が苦手なあなたはアルバイトに何を求めていますか?

次からは①~③のそれぞれのバイト探しについて見ていきますね。

自分を知ろう

  • どんな仕事が嫌かをハッキリさせる
  • それに応じてアルバイト選びが変わる

スポンサーリンク

高校生で接客以外のおすすめバイト!接客なしの仕事

お客への接客だけが嫌だ

そんな場合は接客業務がないアルバイトを選びましょう。

 

基本的には飲食以外のバイトを選べば、接客業務がない仕事を見つけやすいです。

高校生可となっている飲食以外のバイトは次の3つが定番。

① キッチンなどの調理バイト

高校生可の定番バイトの1つが調理系のバイトです。

『飲食=接客』というイメージですが、キッチンスタッフなら接客はありません。

 

皿洗い・調理スタッフなら、お客さんとの関わりはないですよね。

大きい店舗だと、ホールスタッフとキッチンスタッフを分けて募集しています。

なのでキッチンスタッフへの応募を選べば、接客業務をしないですみますよ。

② 品出しスタッフ

高校生可の求人で多いのがスーパーのアルバイト。

レジは接客が多いですが、レジ以外の業務は接客はありません。

 

その代表的な仕事が品出しスタッフ。

商品棚の食品で足りないものをバックヤードから補充する仕事になります。

 

お客さんと同じ空間で働きますが、接客業務ではありません。

たまに『○○ってどこにありますか?』と聞かれますが、その場所を教えればいいだけ。

飲食店の接客のようにお客さんとの会話が多いわけではないので働きやすいです。

③ カートやカゴの移動

スーパーのバイトにはレジ・品出し以外にもカート移動があります。

お客さんが帰り際に置いていったカートやカゴを、入り口に戻すという仕事。

 

体力が必要な仕事ですが、接客は業務にはありません。

体を動かすのが好きな人は、カート移動のバイトがおすすめ。

男性が多い職場と言えますね。

 

これら3つのバイトは定番のアルバイトなので人気も高いです。

求人サイトで見つけたら早めに応募した方が良いですよ。

公式サイト⇒お祝い金がもらえるマッハバイトでバイトを探す

接客がないバイト

  • キッチンスタッフ
  • スーパーの品出し
  • カート・カゴの移動

スポンサーリンク

高校生向けのバイト!飲食以外で人と関わらない

職場の人間関係も少ない方が良い

お客以外にも職場の人との交流も減らしたいときは働き方の工夫が必要です。

完全に会話を0にすることはできませんが、職場の交流が少ないバイトもあります。

① 工場の軽作業バイト

高校生可の求人の中で、職場の会話も少ないのが工場の軽作業になります。

商品の検品やシール貼りなどをするアルバイトですね。

ラインで商品が流れてくる仕事を選べば、会話もなく淡々と仕事をするだけになります。

 

手先を使う仕事か、体力を使う仕事の2パターンがあります。

どちらか得意な方を選びましょう。

② 短期バイト

短期バイトの中には一人でできる仕事が多いです。

短期バイト自体が簡単な仕事なので、職場を一人で任されることが多いんですね。

短期バイトの例

  • ポスティング
  • ティッシュ配り
  • 交通量調査

土日や夏休みなら短期バイトにも採用されやすいです。

学校終わりの平日は難しいので、次の働き方を検討しましょう。

③ 在宅ワーク

完全に一人でできる仕事が在宅ワークになります。

当たり前ですが家で取り組む仕事なので、職場の人間関係はありません。

 

スマホ・PCを使うオンライン作業や、内職などのオフライン作業があります。

在宅ワークの例

  • アンケートモニター
  • データ入力
  • 商品の組み立て

1つ1つの案件は単価が安いので稼ぎにくいです。

なので在宅ワークをするときは、複数の仕事を並行して取り組みましょう。

 

スマホでアンケートモニターをしながら、PCでデータ入力をする。

そして土日にティッシュ配りなどの単発バイトをするといった働き方がおすすめ。

職場の人間関係も少ないバイト

  • 工場の軽作業バイト
  • 短期バイト
  • 在宅ワーク

スポンサーリンク

人見知りやコミュ障を克服したい高校生向けのバイト

  • できれば接客ができるようになりたい。
  • 今は苦手でも接客バイトに興味がある。

 

そんな高校生向けのアルバイトがいくつかあります。

バイト選びのポイントは『これならできそう』と思える接客業務を選ぶこと。

① 宅配・デリバリーは会話がワンパターン

接客の練習に使えるのが宅配バイトになります。

商品をお客さんの家に届ける仕事。

 

仕事のほとんどは一人で移動しているだけなので会話はありません。

接客も商品を届けたときに、料金やサインをもらうだけ。

ワンパターンの接客ですし、お客さんとの会話に慣れることもできます。

 

デメリットはウーバーイーツなどは18歳以上でないと登録できないこと。

またバイクなど免許がないと募集出来ない求人も多いです。

② 回転寿司のアルバイト

接客がほとんどないアルバイトは回転寿司も同じ。

回転寿司は他の飲食バイトと違って注文を受けることはしません。

 

ホールスタッフの仕事も、お客を席まで案内すること。

そして食べ終わったらお皿を数えて料金を設定するという流れになります。

回転寿司なら高校生可の求人も多いですよ。

③ ケーキ屋・本屋など客層が良いバイト

高校生が応募しやすい接客バイトの中で、客層が良いものを選ぶという選択肢もあります。

例えば本屋などは本好きな人が集まるし、職場も静かで落ち着いて仕事ができますよね。

 

仕事内容もレジや商品補充が主なので、覚えるのが楽。

あとはケーキ屋で働いたとしても、お客さんは穏やかで優しい人が多い印象があります。

 

このように客層が穏やかや落ち着いて働ける接客バイトは練習に向いています。

面接時は接客を意識して清潔感のある服装で挑みましょう。

コミュ力を鍛えたいとき

  • 宅配バイト
  • 回転寿司のアルバイト
  • 客層が良いバイト

スポンサーリンク

接客が苦手な高校生におすすめできないバイト

最後は接客をしたくない高校生にはおすすめできないアルバイトを紹介します。

家から近いとか時給が良いといった条件に惑わされないようにしましょう。

接客の練習としてもハードルが高いです。

① コンビニスタッフ

コンビニには色んな人が来店します。

その中には態度が悪いオジサンや、ガラの悪い人も来るでしょう。

そういった人にも笑顔で接客しないといけません。

 

なので客層という点で見ると、コンビニバイトは接客が苦手な高校生には不向きです。

家から近い場所で働けるといったメリットがあるのは確か。

でも接客が苦手だと、コンビニバイトをして働くこと自体が嫌になる可能性もあります。

② 居酒屋バイト

客層でいうと居酒屋バイトも注意が必要です。

お酒を飲んだお客さんを相手にするのが居酒屋バイト。

理不尽な態度を取られたり、酔っ払いの相手をしないといけない場面も出てきます。

 

高校生ということで深夜に働けないというのも居酒屋バイトでのネック。

なので接客の練習としても不向きですね。

参考⋙高校生のバイトって何時までOK?

 

③ スタバなど高品質な接客が必要な職場

高校生が憧れるアルバイトの一つがスターバックス。

おしゃれなお店で働けるし、高品質な接客を学べる場所ではあります。

 

ただスターバックスなどの接客は、他のカフェと比べても高いスキルが求められます。

最終的な目標にするのはもちろんOK。

ただ接客への苦手意識があるうちは、いきなり応募するのは辞めた方が良いです。

 

少しずつ接客に慣れて、コミュ力を鍛えてからでも遅くはありません。

そもそもスタバに関しては、応募できるのは18歳以上となっていますし。

参考⋙高校生のバイトでおすすめしない職場の特徴

接客嫌いにおすすめできないバイト

  • コンビニ
  • 居酒屋
  • スターバックス

スポンサーリンク

接客が苦手な高校生でもバイトはできる

アルバイト=接客というイメージは間違っています。

なのでもし接客が苦手でも、高校生のうちからアルバイトすることは可能。

 

お客さんへの対応が嫌なのか、職場の人間関係も嫌なのかでおすすめバイトは変わります。

もし接客への苦手意識を克服したいのなら、練習に向いているバイトを選ぶという方法もあります。

 

いろんな働き方があるので、まずはあなた自身が職場に何を求めているかをハッキリさせましょう。

参考⋙飲食以外のバイトならコレ!飲食業を避けたバイト選び