ニート向けのバイト

  • 脱ニートのためにバイトを始めたい
  • でも接客バイトを自分がするなんて想像できない

 

このようにニートから脱出しようとすると、アルバイト探しに苦労しますよね?

どんなバイトが自分に向いているかわからないし、いきなり働くのもハードルが高いと感じてしまうかもしれません。

 

そこで今から『ニート向けのおすすめバイト』についてお話しします。

  1. ニートでも受かりやすい求人の探し方
  2. 具体的なおすすめバイト
  3. 逆にニートにおすすめできないバイト

この3つを知れば、あなた自身にピッタリの職場を見つけやすくなります。

自分に合わない求人に応募して後悔する前に、世の中にどんな仕事があるか見ていきませんか?

スポンサーリンク

ニートにおすすめできるバイトの探し方

世の中にはたくさんの仕事があり、どんな仕事にも向き不向きが存在します。

なのでまずはニートという立場でも働きやすい求人の5つの共通点を見ていきましょう。

逆に言うと、今から話す条件に当てはまっていない求人は、脱ニートに向いていないとも言えます。

① 仕事が覚えやすい=受かりやすい

ニート向けのバイトを探す

ニートを脱出するためにバイトを探すとき、ネックになるのが『採用されにくいこと』。

職歴に空白が目立ったり、スキルや資格がないと面接で受かるのも一苦労です。

 

なので求人を探すときは『受かりやすい求人』を探した方が効率的。

そして多くの人が受かりやすい求人が『仕事内容が簡単な仕事』になります。

 

ティッシュ配りやポスティング・皿洗いなど、教えてもらったその日から戦力になれる仕事がおすすめ。

職歴が無かったり未経験でも、仕事内容が簡単なら採用されやすいです。

② 人生で初めてのバイトなら短期バイト!日雇いはリハビリにも使える

脱ニートとして人生で初めてのバイトを探しているなら短期バイトがおすすめ。

いきなり長期バイトを始めるのは、体力的にも精神的にも負荷がかかります。

 

なので1日~数日しか働かない短期バイトに応募して、働くことに慣れることから始めた方がスムーズ。

ただ短期バイトにはニートに向いているものと向いていないものがハッキリ分かれます。

 

なのであなた自身の性格に向いていて、働きやすい短期バイトを探しましょう。

(具体的な短期バイトについては後でお話ししています。)

③ ニートからいきなり外でバイトが怖いなら在宅ワークを検討

短期バイトであっても急に外に出て働くのが怖いと感じる方もいます。

そんな方におすすめなのが在宅ワーク。

 

最初は自宅でできる仕事から取り組むことで、働きながら生活リズムを作っていきます。

そして慣れてきたら短期バイトを始めて、将来的に長期バイトも視野に入れるという流れ。

 

いきなり働くのが怖いと感じる場合は、無理をする必要はありません。

一番最初の仕事として在宅ワークをおすすめします。

スポンサーリンク

④ ニートから長期バイトを始めるならシフトの自由度を見る

  • 以前に働いていたことがある
  • いきなり長期バイトから続けられる自信がある

 

こんな方はいきなり長期契約のアルバイトを検討しましょう。

ただ数ある求人の中から、できれば『シフトの自由度が高い求人』を選んだ方が良いです。

 

シフトの自由度が高いというのは、自分で働くペースを調整できるということ。

絶対に週3以上シフトに入らないといけないバイトを始めると、慣れるまでキツイと感じるかもしれません。

ただシフトを自由に決めることができる職場なら、最初からマイペースに働くことができます。

 

最初から理想の職場にでアルバイトする必要はありません。

慣れという意味でも、シフトの自由度が高い方がリスクが低いですよ。

⑤ お客や通行人として下見をしよう

在宅ワーク以外の仕事に応募するときは仕事だけではなく、職場の人と上手くやっていけるかが不安ですよね。

そんな不安を解消するためにオススメなのが職場の下見です。

 

お客や通行人として職場で働く人たちの様子を下見するんです。

『この人たちとなら仲良く出来そう』と思えたら、安心して求人に応募できますよね。

 

逆に『一緒に働くのは無理そう』と思えば、応募前に自分に合わない職場を避けることができラッキー。

仲良くやっていけるか不安なときは、職場の下見を検討しましょう。

ニート向けのバイトの探し方

  1. 仕事が簡単なバイトの方が受かりやすい
  2. 始めて働くなら短期バイトの方がリスクが少ない
  3. 外に出て働くのが怖いなら在宅ワークから始める
  4. 長期バイトならシフト自由度が高い求人がいい
  5. 人間関係が不安なときは職場を下見しよう

ニートにおすすめのバイト!【初バイト向けの短期バイト5選】

短期バイトはニート向け

  • 初めてなら短期バイト
  • 外に出るのが怖いなら在宅ワーク
  • 長期バイトならシフト自由

 

これらのバイトがおすすめという話をしました。

次はニート向けの短期バイトとして具体例を見ていきます。

 

短期バイトは体力系も多いので、向き不向きがハッキリと分かれます。

実際にあなた自身の長所が活かせる仕事を探しましょう。

 

バイトを探す時はマッハバイトという求人サイトを利用するとお得。

マッハバイトはお祝い金といって、バイト先が決まったお祝いにお金がもらえるというお得な求人サイトですよ↓↓

公式サイト⇒お祝い金がもらえるマッハバイトでバイトを探す

 

① ポスティング

私も過去に経験があるのがポスティング。

チラシを持って決められた地域を自転車で回り、郵便ポストにチラシを投函していくバイトです。

 

接客もないし職場での人間関係も最小限なのがメリット。

一人でもコツコツと真面目に働ける人にピッタリの仕事となります。

 

夏場になると移動が暑くて体力的にキツイですが、比較的コスパが良いバイトとして有名。

短期での募集もあるので、一度あなたの地域で募集がないか見てみましょう。

スポンサーリンク

② ティッシュ配り(≠チラシ配り)

ティッシュ配りのバイトも人と関わらないで始めることができる仕事です。

あらかじめ段ボールに詰められたティッシュを持って駅やショッピングモールへ移動。

そして通行人にティッシュを配っていくだけのアルバイトになります。

 

受け取る側として経験があるかと思いますが、ティッシュだと多くの通行人が受け取ってくれます。

逆にチラシだと無視されるので、全てを配り切るのに時間がかかるので要注意。

 

サンプリングやティッシュなど、通行人に受け取るメリットがある求人を選びましょう。

全てを配り終わったらその日の仕事が終わるので、通行人に受け取ってもらいやすい配布物の方が楽です。

③ 交通量調査

街中で椅子に座り、カチカチと何かを数えている人を見かけたことはありませんか?

実はこれが交通量調査のアルバイトの人たちなんです。

 

交差点や道路などで、車や人の数をカウントするという仕事。

都市開発や商業施設をどこに建てるかを決めるために、交通量を調べるのが目的です。

 

仕事内容は椅子に座って黙々と人や車の数をカウントするだけ。

コミュニケーション能力は必要なく、真面目な人が求められます。

体力的にも楽なので、最初に取り組むバイトとしてもおすすめ。

④ 飲食店の皿洗いバイト

飲食店は基本的に長期契約で接客や厨房のアルバイトが多いです

お客とやり取りをする接客業や、キッチンで同僚とコミュニケーションをとる調理業。

 

どちらもコミュニケーション能力が必要になるのですが、忙しい時期に一時的に求められる仕事があります。

それが皿洗いバイト。

 

年末年始やGWなど一時的に忙しくなる時期に募集がかかり、仕事も『お皿を洗うだけ』のシンプルな内容。

コミュニケーションも最小限ですし、忙しいので無我夢中でやっているうちに仕事が終わります。

 

将来的に飲食店バイトにも興味がある人は、皿洗いバイトとして職場の雰囲気を知るのにも有効。

仕事もカンタンですし、職歴がないニートでも受かりやすいですよ。

参考⇒皿洗いバイトはきつい?洗い場をした経験を暴露

参考⇒皿洗いバイトを効率化させるコツ!

 

⑤ 商品カウント

夜から深夜にかけて働きたいなら商品カウントも検討しましょう。

商品カウントとはスーパーやコンビニの商品をカウントするという仕事。

ハンディという機械でバーコードを読み取り、在庫数を数えるだけなので仕事内容は簡単。

 

閉店後に行うのでお客とのやり取りはありません。

職場での会話はありますが、短期バイトから始めることでリスクは少ないです。

ニートにおすすめの短期バイト

  1. ポスティング
  2. ティッシュ配り
  3. 交通量調査
  4. 皿洗いバイト
  5. 商品カウント

ニートにおすすめのバイト!【自宅でできる在宅ワーク5選】

在宅ワークはニート向け

次はニートからでも始めやすい自宅での在宅ワークについて見ていきます。

プログラミングなど専門スキルがあれば、そのスキルを活かせる求人を見つけた方が良いです。

今から紹介するのは『スキルなし』でも取り組みやすい在宅ワークとなります。

①アンケートモニター(≠治験モニター)

誰でもできるスマホでのお小遣い稼ぎとしてアンケートモニターがあります。

言葉の通りアンケートに答えるだけで報酬がもらえるというもの。

 

Webアンケートだと1問数円~数百円、試供品モニターやWebインタビューだと数千円の報酬がもらえます。

アンケートモニターは誰でもできる反面、単価が安いというデメリットがあります。

 

なので基本的には複数のアンケートモニターに登録して稼ぐのが基本。

そして別の在宅ワークや短期バイトと組み合わせて、副業のように使うことをオススメします。

 

単価が高いけど注意が必要なのが治験モニター。

新薬や新商品のサプリを飲んで、体調の変化を記録するというボランティアになります。

何もしないでお金がもらえると話題ですが、健康面でのリスクがあるので安易には応募しない方が良いです。

スポンサーリンク

② ポイントサイト

コツコツと取り組めるものでいうとポイ活もあります。

ポイントサイトに登録して広告をクリックしたりゲームをして数円分の報酬をもらうという作業。

あとは試供品をもらったり、資料請求やサービスへの登録などで数百円をもらえることもあります。

 

このポイントサイトもアンケートモニターと同様に、単独では稼ぎづらい在宅ワークですね。

アンケートモニターとポイントサイトを併用して利用するのがおすすめ。

ゲーム感覚で行えるのがメリットなので、スマホのお小遣い稼ぎという感覚で使いましょう。

おすすめポイントサイト

③ データ入力

PCのタイピングの練習になるのがデータ入力のバイト。

企業から紙の資料が届き、それをExcelやワードに打ち込んでいくという仕事が多いです。

 

あとは会議の音声を文字として書き起こすテープ起こしなどもありますね。

家にパソコンがあって、スキルアップのために在宅ワークをしたい人はデータ入力から始めてはいかがでしょうか?

 

成果報酬になるので、タイピング速度が早くなればなるほど実質的な時給が上がっていきますよ。

公式⇒クラウドワークスでデータ入力の仕事を探す

 

④ Webライティング

タイピングが慣れて来たら、より単価が高い仕事としてWebライティングがあります。

依頼主から与えられたテーマについて、調べた内容を文章にしていくという仕事。

 

テーマは依頼主によって様々で、エンタメや法律関係など幅広いです。

最初は1文字1円以下の単価からスタートして、実績ができれば報酬もアップしていきます。

 

得意なジャンルに絞って書くことで、調べることが減り、効率性が高くなっていきますよ。

公式⇒クラウドワークスでライティングの仕事を探す

 

⑤ シール貼りなどの軽作業

パソコンは苦手で無理だ…

そんなときは自宅で軽作業の仕事をすることもできます。

 

例えば千羽鶴を折るバイトとか、パズルを代わりに作るパズル代行。

シール貼りや、商品の組み立てなど、いろんな種類の軽作業が募集されています。

 

メリットは仕事内容が簡単なので、すぐに取り組めること。

デメリットは単価が安く、スキルが身に付かないことにあります。

 

効率化させて実質的な時給を上げることはできますが、できれば外で軽作業バイトを始めた方が時給も割高。

なので最終的には工場などの軽作業バイトを目標として、最初に自宅で取り組むようにしましょう。

ニートにおすすめの在宅ワーク

  • アンケートモニター
  • ポイントサイト
  • データ入力
  • Webライティング
  • 軽作業

ニートにおすすめのバイト【長期契約でガッツリ稼ぐ仕事5選】

ニートにおすすめのバイト探し

在宅ワークや短期バイトで慣れていき、そこからいよいよ長期で働くバイトへ!

そんなときにオススメのニート向けの仕事は、以下の5つのパターンになります。

接客の負担が軽くて、仕事内容がシンプルなものを選びました。

① 工場の軽作業バイト

まず最初に検討したいのが工場の軽作業バイト。

運ばれてきた荷物の仕分けだったり、商品を検品したり、シールを貼るなどの仕事があります。

 

メリットはシフトの自由度が高く、接客がないので人間関係のストレスが少ないこと。

そして仕事内容もカンタンなのですぐに戦力として活躍することができます。

 

工場の軽作業バイトはヒトではなくモノと向き合う仕事。

対人関係で不安があるなら、まずはこういったモノと向き合うバイトから始めてはいかがですか?

スポンサーリンク

② 女性は清掃バイトという選択肢もある

工場は男性が多い職場じゃないの?

そんなイメージを持っていて軽作業バイトに抵抗がある女性は、代わりに清掃バイトを検討してみましょう。

 

清掃バイトという名前の通り掃除をするアルバイト。

ショッピングモールのフロア掃除や、ビルのトイレ・ホテルの部屋を掃除など、いろんな場所での求人があります。

 

共通するのはエリアを任されて仕事をするので、仕事中に人間関係が少ないことですね。

ただ仕事内容は少し複雑になりますし、早朝や深夜など働く時間帯も求人によってバラバラです。

あなた自身が『ここなら働けそう』と思える求人があれば応募を検討してみましょう。

③ 早朝なら新聞配達

人と関わらないバイトとして早朝にできるのが新聞配達。

お客さんと会うこともないし、一人で自転車に乗って新聞を配るので職場の会話もありません。

 

仕事もカンタンですが、シフトの自由度というと少し融通がきかなくなります。

当日欠勤すると職場に迷惑がかかる仕事ですし、収入は高いですが責任も大きくなりますね。

④ 夜間の警備員・ネットカフェはコミュ障に人気

夜間に働くバイトも、ほとんど接客業務がない仕事がいくつかあります。

全く接客がない仕事で言うと夜間の警備バイト。

施設の見回りなどが主な業務となるので、一人で暇な時間を過ごすことも多いバイトです。

 

接客業務があるネットカフェも深夜になると、お客の出入りはなくなります。

寝るために利用するお客がほとんどなので、お客さんとのやり取りも少なくなりますね。

夜間のバイトはセルフのガソリンスタンドなどもあるので、あなた自身が興味がある求人があるか調べてみる価値はありますよ。

⑤ スーパーの品出し・カート回収

昼間に働くアルバイトでも、接客が少ない仕事はいくつかあります。

例えばスーパーなどの品出しやカート回収のバイト。

 

商品を補充する品出しバイトや、カートを元の位置に戻すバイトは、レジと比べてお客との会話は少ないです。

品出しバイトはお客さんに『○○ってどこにありますか?』と聞かれることはありますが、会話は少なめ。

カート回収は仕事内容が簡単な分、体力が必要な仕事になるので男性が多いですよ。

ニートにおすすめの長期バイト5パターン

  1. 工場の軽作業バイト
  2. 清掃のバイト
  3. 早朝なら新聞配達
  4. 夜間なら警備員・ネットカフェ・ガソリンスタンド
  5. スーパーなら品出し・カート回収

ニートにおすすめしないバイト5選!勇気が仇になるかも。

ニートにおすすめできないアルバイト

最後は参考としてニート(元ニート)にオススメできないアルバイトについて紹介していきます。

アルバイトは人によって向き不向きがあるので、全員に当てはまるわけではありません。

ただ『選考が厳しい・客層が悪い』などニートの方に不利になりやすいバイトは存在します。

① 人気のバイトは面接に受からない?【ディズニー・スタバ・結婚式】

多くの応募がある人気バイトで働くのは大変です。

面接を突破するのも、働き始めてから高クオリティの仕事を求められるのも当然。

ニートだと職歴が不安視され、面接でも採用されにくいでしょう。

 

また高水準の接客を求めているお客に対応するのも大変です。

なのでディズニーやスタバといった、多くの人が働きたがっている超人気バイトは最初は避けた方が無難。

少しずつ職歴を積んで、次の目標に設定した方が良いですよ。

スポンサーリンク

② 客層が悪いバイトは心が折れる【コンビニ・居酒屋・パチンコ】

客層が悪いバイトも最初は避けたいです。

酔っ払い客や、怒鳴ったりクレームをしてくるお客の対応をするのは精神的にストレスがかかりますよ。

 

例えばコンビニは色んな人が来るし、居酒屋は酔っ払い客の対応が求められます。

パチンコで負けてイライラしている客も、店員に八つ当たりするケースも考えられます。

 

ニートからバイトを始めようと考えているなら、最初はこういった職種は避けた方が良いです。

接客自体がないバイトや、個人の飲食店や喫茶店など常連さんがいるバイトの方が働きやすいですよ。

③ 責任が重いバイトは逃げ出せない【家庭教師・リゾート・農家(住み込み)】

責任が重い仕事も最初は避けた方が良いでしょう。

途中で辞めづらいアルバイトを始めると、自分の都合だけではギブアップできなくなります。

 

例えば家庭教師のアルバイトは教え子の将来がかかった仕事。

特に受験を控えている学生の場合は、『やっぱり辞めます』というのは失礼になります。

 

それ以外にもリゾートバイトや農業と言った住み込みバイトもリスキー。

もし仕事に慣れなかったり、職場の人間関係が合わなかったとしても、すぐに帰ってこれる状況ではありません。

④ 体力を使うバイトは体育会系【引っ越し・イベントスタッフ】

体力が必要なバイトを始めるのも、ニート(元ニート)にとっては大変。

急に働くだけでも負担なのに、体力的にも厳しいと続けるのが難しくなります。

 

それと体力が必要なバイトは人間関係も上下関係が厳しいもの。

職場での人間関係も繊細な人には向かないので、避けた方が良いです。

⑤ クレーム処理はメンタル強い人しか無理【コールセンター・レジ】

クレーム処理のバイトも、向き不向きがハッキリする仕事になります。

どんなに怒鳴られてもケロッとしている人もいれば、精神的に病んでしまう人だっています。

ただ脱ニートを目指して、いきなり始めるバイトではありません。

 

コールセンターなどは外見も自由でシフトの自由度も高いのは事実です。

ただお客から電話がかかってくるというのは、何か問題があったときだけ。

 

メンタルに相当自信がない場合でないなら、いきなり応募するのは辞めた方が良いでしょう。

参考⇒人生の初バイトにおすすめしない職種8選

 

ニートに向かない仕事

  1. 応募が殺到する人気バイト
  2. 客層が悪いバイト
  3. 途中で辞めづらいバイト
  4. 体力ありきのバイト
  5. クレーム処理のバイト

ニートからいきなり長期バイトはしんどい!シフトの主導権を握る

脱ニートのバイト選び

ニートでも受かりやすいバイトはあるし、働きやすい仕事は存在します。

まずは短期バイトや在宅ワークから、働く生活リズムを作っていくのがおすすめ。

 

そして慣れて来たら長期契約のバイトに応募してみましょう。

いきなり長期バイトを始めるのはリスクがあります。

 

合わない仕事や人間関係に悩まされて『自分にはやっぱり無理かも』となるのはもったいない。

アルバイトは才能や能力ではなく、向き不向きが影響します。

自分に合った仕事を見つけませんか?

参考⇒バイトで週1~週2希望のときのおすすめ求人

参考⇒引きこもりを脱出!アルバイト計画