ラーメン屋バイト

ラーメン屋のバイトは、向き不向きがハッキリする職場と言えます。

元気で明るい人や、将来自分のお店を持ちたい人は向いています。

 

ただ上下関係が苦手だったり、楽して稼ぎたい人には向いていません。

そこで今回はラーメン屋のバイトに向いているかどうかの確認をしてみましょう。

  • ラーメン屋のバイトに向いている人
  • 逆に向いていない人の特徴とは?
  • 自分に向いている職場を見つける方法

ラーメン屋のバイトは長期契約がほとんどです。

なので働き始めてから後悔しないように、事前に向き不向きを確認しておくといいですよ。

スポンサーリンク

ラーメン屋のバイトに向いている人の特徴

ラーメン屋のバイトに向いている人は次の特徴を持ちます。

あなたはいくつ当てはまりますか?

① ラーメン屋のバイトを休日したい人は向いている

混雑時に出勤できるか?

まずは働きたい曜日や時間帯について。

ラーメン屋でバイトするなら、繁盛期に出勤したい人が向いています。

 

ラーメン屋が混む時間となると、土日祝日や夕方の時間帯ですね。

この時間帯に出勤して働きたい人は、第一関門クリアといった感じ。

ラーメン屋の面接に行っても採用される可能性が高いでしょう。

② 元気で明るく声が大きい人はラーメン屋のバイトに向いている

いらっしゃいませ

次はラーメン屋のバイトに向いている人柄について。

人柄については、元気で明るい人がラーメン屋のバイトに向いています。

 

ラーメン屋にお客として来店したとき、店員さんの対応を見ればわかりますよね

お店に入った瞬間に『いらっしゃいませ!!』と店員さんが声をかけてくれます。

 

このようにラーメン屋のバイトは、元気で声が大きい人が向いています。

職場の雰囲気が明るくなったり、お客さんにポジティブな印象を持ってもらえます。

③ 体育会系に慣れている人はラーメン屋のバイトに向いている

バイトの上下関係

次は人間関係やコミュニケーション力について。

ラーメン屋は上下関係に慣れている人の方が、職場のストレスを感じることはありません。

チェーン店でも個人経営のラーメン屋でも、ほとんど同じ傾向になります。

 

店長⋙先輩バイト⋙新人バイト

このように上下関係がハッキリしているのがラーメン屋のバイト。

 

なので体育会系のノリに慣れている人の方が、すぐに職場に慣れることができるでしょう。

職場の人から受け入れられやすいのも、元気で可愛げのある後輩になります。

④ 将来、自分の飲食店を経営したい人も向いている

次は将来の夢について見ていきましょう。

ラーメン屋のバイトに向いているのは、自分のお店を持ちたい人です。

 

とくに個人経営のラーメン屋で働けば、店長の働きっぷりを間近で見ることができます。

将来の自分がどのように振舞えばいいか、良いお手本を近くで見ながらバイトすることが可能。

 

ラーメン屋でなくても、飲食店のお店を持つのは大変なことです。

お店を続けていられる秘訣や店長のこだわりも知ることができますね。

 

店長を見て勉強しながら、バイトをしてお金が稼げるのは一石二鳥。

参考⇒個人経営のバイトの探し方がわからないときの見つけ方

⑤ そのお店のラーメンが好きなのが大前提!”まかない”の満足度が変わる

ラーメン

最後はそのラーメン屋の味の好みについてです。

働くお店のラーメンが美味しいと思えないと、その職場は向いているとは言えません。

 

お客さんに自信をもって提供できないですし、仕事も本気で取り組めないでしょう。

さらに休憩時間に”まかない”を食べるときも、不味いラーメンを食べるのは苦痛ですよね。

 

なので大前提として『このお店のラーメンが好き』と思えるかは重要なポイントとなります。

以前から足を運び『美味しい』と思っていたお店なら、その職場に向いている人材。

 

これらの特徴に当てはまっているなら、ラーメン屋のバイトを前向きに検討しましょう。

履歴書の志望動機や面接の対策も同時に行うと良いですよ↓↓

参考⇒飲食店のバイトの面接!面接当日の服装や髪型のチェックリスト付

 

ラーメン屋のバイトに向いている人

  1. 土日祝日の夕方に働きたい
  2. 元気で明るくて声が大きい
  3. 体育会系のノリに慣れている
  4. 将来、自分のお店を持ちたい
  5. そのお店のラーメンが好き

スポンサーリンク

ラーメン屋のバイトに向いていない人の特徴

ラーメン屋のバイトに向いていない人もいます。

ラーメン屋という環境や、飲食業のバイトに向いていない人の特徴を見ていきましょう。

① 平日のみ働きたい場合はラーメン屋のバイトはきつい

月曜~金曜のみでバイト

先ほどとは逆で、ラーメン屋が忙しくない時間帯に働きたい人は不向きです。

そもそも論として面接で採用される可能性が低いでしょう。

 

採用されたとしても人手が欲しい曜日や時間帯に働けないなら、あまり戦力にはなりません。

なので平日や午前中に働きたい人は、ラーメン屋のバイトは向いていません。

 

平日に人手が足りなくなる別の職場を探した方が良いですね。

参考⇒バイトで”平日のみ”だと受からない?平日だけOKのおすすめバイト

② 声が小さいとよく言われる人はラーメン屋のバイトに向いていない

小さい声

大人しい性格だったり、声が小さい人もラーメン屋のバイトは向いていません。

お客さんが来店しても『いらっしゃいませ』と言えない。

 

そんな接客が恥ずかしい人見知りさんには、ラーメン屋のバイトは不向き。

声出しに関しては練習で克服することもできます。

 

ただもともとの性格が内気な人は、接客も職場の人間関係も苦労します。

もっと気軽に働けるアルバイトを探した方が良いですよ。

参考⇒飲食店のバイトに向いてない?向かない人の特徴と辞める基準

③ 怒られるのが嫌な人はラーメン屋のバイトに向かない

バイト先で怒られて泣く

性格で言うと怒られ慣れていない人も、ラーメン屋のバイトに向かない可能性が高いです。

新人バイトはミスをしながら仕事を覚えていくもの。

 

特に働き始めのころは先輩から注意されたり、店長に怒られることもあるでしょう。

そんな人間関係が苦手の人は、ラーメン屋のバイトには向いていません。

 

もちろん店舗によっては、優しい雰囲気で働ける職場もあると思います。

ただ一般的なラーメン屋のバイトは上下関係が厳しいノリが多い。

なので怒られ慣れていない、打たれ弱い人は向いていません。

④ 厨房は臭い?ニオイに敏感ならラーメン屋は向いていない

料理の盛り付け

ラーメン屋のバイトは職場が狭いことが多いです。

個人経営のラーメン屋ならとくに厨房は狭くて、多くの人が働いています。

 

そしてアルバイトは残飯の廃棄や食器洗い、トイレ掃除なども任されます。

こうなるとニオイに過敏な人はラーメン屋のバイトは辛いんですね。

もし嗅覚が過敏なら、刺激が少ない職場を選びましょう。

HSPのように五感が敏感でも安心して働ける職場はあります。

参考⇒HSPな高校生に向いてるバイト7選!向かないバイトも公開中

⑤ コスパよく稼ぎたいと考えている人も向いていない

できるだけ楽に時給を稼ぎたいと考える人も、ラーメン屋のバイトは向いていません。

基本的にアルバイトを募集するラーメン屋は繁盛しています。

 

なのでお客さんが多く混雑しているため、勤務時間は忙しいことが多いでしょう。

平日の雨の日であればヒマでしょうが、それ以外は忙しいと思って良いです。

 

あっという間に時間が過ぎて、やりがいを感じることができるのがメリット。

ただ疲労せず楽にバイト代を稼ぎたい人には不向きです。

ラーメン屋のバイトに向かない人

  1. 平日に出勤したい
  2. 大人しくて気弱な性格
  3. 怒られ慣れていない
  4. 嗅覚か過敏
  5. コスパよく稼ぎたい人

スポンサーリンク

自分に向いているラーメン屋のバイトを探す3ステップ

今まではラーメン屋のバイトに向いているかどうかを見てきました。

ただ実際は店舗によって、職場の雰囲気や人間関係はガラっと変わりますよね。

そこで最後は自分に向いているラーメン屋のバイトの探し方を見ていきましょう。

① 求人サイトで通いやすいバイトを探す

自分らしく働きたい

まず最初は求人サイトを使って、ラーメン屋の職場候補を探していきます。

選ぶポイントは『長期的に通いやすいか』

 

ラーメン屋のバイトは長期契約が多いので、通いやすいかが大事なポイントになります。

通いやすいバイトの例

  • 家から近い(学校から近い)
  • 最寄り駅から近い
  • 交通費を支給してくれる
  • 有給がある
  • 多くのバイトが勤務している
    (シフトの融通が利くので)

あと募集要項に書いてある、求める人材もチェックしましょう。

あなたが働きたい曜日と、お店側が人手不足の曜日が一致しれいればラッキー。

面接でのアピールポイントになりますし、採用される可能性もグッと高くなりますよ。

② 食べログやグーグルマップの口コミを見よう

仕事を覚える

いくつかラーメン屋のバイト候補を絞ったら、口コミを見てみましょう。

普段は口コミを見るとき、味や店内の雰囲気をチェックしますよね?

 

でも今回チェックしたいのは店内の雰囲気です。

口コミには従業員の態度なども記載されているんですよね。

 

そこで働きにくい職場を見つけて、事前に避けることができます。

注意したい口コミ

  • 店員が無愛想だった
  • 店長が横柄
  • 客層が悪い
  • 店内がうるさい

あなたがどんな職場で働きたいかをイメージしながら口コミを見てみましょう。

『こういうお店なら働きたい』と思えたら次のステップになります。

③ ラーメン屋へ食事へ行こう!先輩の髪色髪型や客層を確認

ラーメン

最終的にアルバイトのお店を絞ったら、応募する前にやっておきたいことがあります。

それがお店への下見。

 

口コミだけではわからない、実際に行ってみないとわからない職場の雰囲気をチェックしにいきます。

お店のチェックポイント

  • 先輩の髪色や髪型
  • 店長の人柄
  • ラーメンの味
  • 混雑状況

このように働いた後をイメージしながら、『ここでなら働けるか』を判断します。

もし『このお店で働きたい』となれば、求人に応募して履歴書や面接の対策を行いましょう。

参考⇒飲食店バイト用の志望動機を考えよう!例文付き

ラーメン屋のバイトは向き不向きがわかれる!事前に要確認

ラーメン屋バイト

ラーメン屋は他の飲食店と比べても、店長の人柄が職場に反映されやすいです。

店舗や職場によって、向き不向きもガラっと変わるでしょう。

 

なので求人サイトだけを見て応募を決めるのはリスクが大きいです。

もし興味があるお店を見つけたら、口コミや下見がおすすめ。

実際に職場を見てから応募しても遅くはないですよ?

 

飲食店のバイトは王道バイトではありますが、全員に向いているわけではありません。

もし向いていないのなら、飲食以外のバイトを探すのもおすすめです。

スポンサーリンク